添削指導 (日本全国、海外も可)

文章表現は必須です。小論文など、どう書いたらよいか自信がない人は多いでしょう。それにまた、国立大学の本試験など、記述式問題の書き方も大きな壁になります。赤本の解答例は、れっきとした大人たち、先生方が書きますから、子ども(生徒)がお手本にすると反って自信を失ったりします。「ファミール長野」は心配ありません。是非添削指導を受けてください。その成果は、日本経済新聞社小論文2位合格者を先頭に、私大から国立大理系への転学を志し、生物学の記述添削指導を受けて見事合格した女子大生もいます。大人でも、いざ文書提出、というときに困ることがあるでしょう。実際に直面したらどうぞお気軽にご相談ください。

基本的にメールで行います。原稿はhias@tokyo-hias.com宛てにお送りください。(料金は、個々の状況に応じて決めます。書き方や、表現法など、丁寧にコメントして指導します。お問い合わせください。)