指導の実際

方針

学習活動は、人間形成につながります。マナーを身につけ、正しい言葉遣いを知るのは簡単ではありません。深く考え、読み取り、自分の疑問や関心をぶつけ、表現する。大きく言えば、そこにつながらない勉強は役立たずで、貧しい。「IT通信制」指導においても、血の通った、親しい間柄を作り上げ、効果を高めます。

教室での指導は、「契約時間制」で、相談して時間割を決めます。主要教科を中心に、テーマを深く正確に理解することが大事で、演習もたっぷり行います。「IT通信制」では、たとえ海外でも、指導効果が高まるように、様々な取り組みを行います。ご相談ください。

なお、学習には環境が左右します。騒がしいところ、殺風景な教室、落ち着かない雰囲気では、集中力を発揮できません。〈ファミール長野〉の教室は、まことに理想的です。一度訪れてみてください!


目標

目標イメージ

 

23年通った子が、東京大学で工学博士号(物理学)を取得。国立研究法人に就職が決まり(現在は理化学研究所)、東京を離れることもあって、大学受験生、大学生、先輩及び親代表が集まりました。ファミール生は、学年を越えて親しい関係を作ります。ちなみに、上の記念写真には、東大生(理Ⅱ→同大学院修士院生)、企業経営者の情報科学博士(名古屋大・院)、東大大学院修士院生→現:同大学院博士院生、東京学芸大付属高校生→早稲田大学、そして花束を抱えた肝心の新博士(東大理Ⅰ・院)、現:麻布大獣医学科生、現:信州大学看護学科生、平和学と国際問題を学びたいと広島大学総合科学部に進学した学生、現:国際基督教大学(ICU)生など、有望な若者たちが写っています。(米国在住でここには居ませんが、一緒に指導した彼の同期生は、京大法学部に進み、外交官として活躍しています。)みんな偏差値競争の予備校を他所に、活き活きと学んでここまで来ました。勉強はできても、社会性、品性を欠いた人間になっては困ります。しっかり、正しく学んで、最高学府にふさわしい学生や院生に成長し、元気で活力のある立派な社会人、家庭人になってもらう。これが「ファミール・長野」の目指すものです。

 

コラム

毎年8月に行っている「東伊豆城ヶ崎ユーキャンプ」(自由参加)は、学校でも家庭でも体験できない、子どもたちの遊び天国です。集団生活で身に着けた子どもたちのマナーや判断力は、得難い力になります。