指導の実際

方針

学習活動は、人間形成です。教養基盤が弱い子は、たとえ東大などへ進学しても、おのれを知ることなく、社会に貢献する意思も弱いと言えます。

私の指導は、視界の開拓、知的な取り組み、経験の重視、創造性の開発を柱としています。個々人を集中して指導するため、「契約時間制」(相談して時間割を決める)にしています。

なお、学習には環境が左右します。殺風景な教室、落ち着かない雰囲気では、学びも萎えてしまいます。私の教室は、まことに理想的と思いますので、一度訪れてみてください!


目標

目標イメージ

 

23年通った子が、東京大学で工学博士号(物理学)を取得。大学受験生、大学生、先輩及び親代表がお祝いに集まりました。上の記念写真には、東大生(理Ⅱ→卒業生総代、同大学院修士進学)、企業経営者の情報科学博士(名古屋大・院)、現在東京大学の博士課程在学中の院生など、有望な若者たちが写っています。(米国在住でここには居ませんが、一緒に指導した彼の同期生は、京大法学部に進み、外交官として活躍しています。)

 

コラム

なかなか体験できない子どもたちの海の夏。希望者があれば、東伊豆の海に連れて行くこともできます。